munyuchan

むにゅ’sのぉと

10年以上続けたヤフーブログから引越してきました。 路上観察、近代建築などがメインのブログです。 ライブドアではまだまだ戸惑うことが多いですが、よろしくお願いします。

2008年04月

30 4月

犬様 in 京都

イメージ 1

イメージ 2

五番町から京都駅まで歩いて帰る途中の路地で
遠くの方からずっとこちらを見ている犬様がいらっしゃった。
近くまで行って見ると、柴犬のおとなしい犬様だった。
名前はロッキーちゃん。13歳になるそうな。
ものすごくおとなしく利発な子で、去年は戌年だったので
八坂神社でロッキー君が火縄をもらう写真と記事が
京都新聞に掲載されたそうな。
13歳という高齢にもかかわらず、体格もしっかりしており、
毛並みも良く手入れされているので、まだまだ長生きするだろう。
ご近所にもかわいがられているようで、
飼い主さんとお話していたら、ちょうど帰宅してきたご近所の
おばさんが自宅の玄関を開けたら、一緒にロッキー君は
そのお宅の中におばさんと入っていってしまった。
どうやら、ご近所のお宅にも自由に出入りしていらっしゃる様子。
とても13歳とは思えない犬様だった。
もしかしたら、20歳くらいまで長生きするのではないだろうか?














29 4月

波の敷石

イメージ 1

イメージ 2

明石に「魚の棚(うぉんたな)」という商店街がある。
その名の通り、明石海峡で揚がった魚を扱っているお店が
たくさんある商店街なのだが、そんなに長くも広くもない。
明石方面に所用があって、この「魚の棚」を時間潰しに
歩いていたのだが、ここは何度も歩いたことがあるのだが、
足元を見て初めて気がついた。
青海波(せいがいは)だろうか??
魚の棚だから、下は海=青海波なのか、それとも、単純にこれは
魚のウロコがモチーフなのか??
どちらともとれるので、もしかしたら両方に
引っ掛けているのかもしれない。











28 4月

松永牛乳

イメージ 1

松永温泉の建物の外にあった牛乳箱。
松永牛乳と書いてある。
昭和37年(1962年)の資料と照らし合わせて見ると、
同じ電話番号の業者が1軒あった。
片山牛乳という会社と同じ電話番号だ。
恐らく、昭和36年以前に社名変更をしたのだろう。
嬉しいことにまだ現役の会社だ。
昭和37年(1962年)当時、松永町にあった牛乳の会社は
片山牛乳1軒だけなので、この会社の古い箱だろう。



片山牛乳   広島県福山市松永町1-576




















27 4月

松永温泉

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

広島の松永町で見つけた建物。
かなり古い建物のようだ。
何故か、配置薬を書いた看板があるのだが、
温泉に入って具合が悪くなっても、薬を置いてあるので
安心して来てくださいとでも、言うのだろうか?
それとも、中の売店で薬の販売も行っていたのだろうか?
否、救急常備薬と書いてある!
この看板もかなり気になるのだが、詳細は不明だ。
廃業されて結構、年数がたっているようだった。











27 4月

ちぐさちゃんの画像

イメージ 1

イメージ 2

いつも牛乳関連で大変お世話になっている
kazagasiraさんからいただいた画像。
名前は「ちぐさちゃん」というそうな。
『猫様 in 岡山 その1』に登場した猫様によく似ているので
画像を送ってくださったのだ。
以前にも「頂き物の画像(その他)」で2回登場したことのある
『ふわふわちゃん』の1歳年上のお姉さんだそうな。
ふわふわちゃんは現在10歳だから、このちぐさちゃんは11歳。
同じ姉妹でも、父親が違うせいで短毛と長毛風になっているようだ。

ふわふわちゃんの記事
  ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/munyuchan2002/39933475.html

http://blogs.yahoo.co.jp/munyuchan2002/22540377.html


猫様 in 岡山 その1
  ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/munyuchan2002/52875982.html












最新コメント
メッセージ

名前
本文
読者登録
LINE読者登録QRコード
ギャラリー
  • シンクロっぽいダンメン
  • 鏝絵の電話ボックス
  • 鏝絵の電話ボックス
  • 逆さまの「あ」
  • キジネコさんのご訪問
  • キジネコさんのご訪問
  • タケノコなパイロン
  • 床屋な建物
  • 床屋な建物
アーカイブ
  • ライブドアブログ