munyuchan

むにゅ’sのぉと

10年以上続けたヤフーブログから引越してきました。 路上観察、近代建築などがメインのブログです。 ライブドアではまだまだ戸惑うことが多いですが、よろしくお願いします。

鏝絵

19 3月

鏝絵の電話ボックス

DSC_0257DSC_0260
竹原にあった電話ボックス。
電話ボックスには切妻屋根がつけられており、
道路に面した側には鏝絵が施されている。
竹原町並み保存センターの敷地内の電話ボックスだ。
ごく最近作られた物だと思う。
平成26年(2014年)のNHKの朝のドラマで
この町が舞台となっているので、恐らくその頃に
以前からあった電話ボックスに化粧する感じで
取り付けられたのだと思う。
非常にこだわった鏝絵で、松、鶴、籠目、
そして籠目の縁取りも竹。裾にはナマコ壁。横には竹。
特に気になったのは、ナマコ壁を上下に挟んでいる、
一見すると檜皮葺に見える部分。
よく木の皮で葺くのだが、これは細い竹を
編み込んでいるようにも見えてならない。
更にナマコ壁の下にあるのは萱ではなく、
細い竹ではないだろうか?
右側の長い竹の鏝絵の後ろにも横にした竹だ。
長い竹の根元には筍もある。
ここまでこだわっているのだから、葺いてあるのも
竹葺きではないかと思っている。
訪問時は同行者がいたので、至近距離での確認が
できなかったのだが、アタシにはそう思えてならない。



10 2月

床屋な建物

とこやとこや2

伊勢にあった、床屋さんチックな建物。
昔は床屋さんだったのだろう。
1階部分は改装されているようだが、
2階の建具などは建築当初のままのようだ。
モルタル壁に鏝絵のサインポール。
色漆喰ではなく、白い漆喰に彩色したように見える。
戦前後期の建物ではないだろうか?
建築データが手持ちの資料になく、建物の材質からの想像に過ぎないのだが。
ただ、建物の妻の部分に直接看板を埋め込ませるデザインは昭和20年代中期あたりに結構流行ったものでもあるが、終戦直後の混乱期の建物にしてはかなりしっかり作られているし、材質もよいように思えてならないので
戦前の建物ではないだろうか?


6 1月

鶴亀の戸袋






   とと2

 鶴と亀の鏝絵の戸袋。 
 写真ではわかりにくいが、波の上に亀がいる。
 大正13年(1924年)頃の鏝絵だそうだ。
 もともと土蔵だったのを一部住居にしてらっしゃるそうな。



2 11月

大黒様の鏝絵

    P1240384P1240385
  
  岡山にあった大黒様の鏝絵。
   資料によると、恐らく反対側にも別の鏝絵があるらしい。
  平成3年(1991年)に塗り替えを施されているそうな。
  手には打出の小槌と福袋。足元には米俵。
  ピンクに見えるのが米俵。
  商業地域ではないので、五穀豊穣を祈っての鏝絵だろう。
  
13 9月

鯉の滝登りの戸袋(角飾り付き)

P1240787

岡山県柵原にあった鏝絵の戸袋。鯉の滝登りだ。
左右に「角飾り」が施されている。
このお宅の方にお話を伺ってみたが、
何年前のものかよくわからないそうな。
手持ちの資料で調べて見たら、約40年ほど前に
左官職のM氏により上塗り補修をされている。
40年前に補修が必要だったということは
大正後期か昭和初期の物ではないだろうか。
背景の浅葱色、鯉の錆浅葱と色漆喰が美しい。
染料を漆喰の上から塗るのではなく、
入念に色合わせをしながら漆喰に塗りこめるのだそうだ。
鯉のエラにいたる細部まで描かれている。
あと10年くらい経ったら、
またお化粧直しするのかもしれない。



最新コメント
メッセージ

名前
本文
読者登録
LINE読者登録QRコード
ギャラリー
  • シンクロっぽいダンメン
  • 鏝絵の電話ボックス
  • 鏝絵の電話ボックス
  • 逆さまの「あ」
  • キジネコさんのご訪問
  • キジネコさんのご訪問
  • タケノコなパイロン
  • 床屋な建物
  • 床屋な建物
アーカイブ
  • ライブドアブログ